印鑑作成の注意点

イメージ画像

よくTVの通信販売の番組で、認印・銀行印・実印の「豪華印鑑3点セット、名匠の手彫りです!」などというフレーズを聞きます。最初のころは大きさによって3種類の印鑑に区別されているのだと思っていました。

ところが、印鑑の大きさや使いみちによって厳格な決まりはないそうです。ですから、実印として認印用の印鑑で印鑑登録させることも可能ですが、認印、銀行印、実印を同じ印鑑で使いまわすのは防犯上危険です。

特に実印というものは、個人が所有する印鑑の中で権利や義務の発生が生じる責任重要な印鑑のため、同じものが2本とあってしまってはいけないので印鑑屋さんに自分だけのオリジナリティーあふれる印鑑を彫ってもらいます。実印を作る場合は、自分を証明する大切なものなので、作成にあたっては慎重に作成なさる事をお奨めします。

格安の値段を売りにしているお店の印鑑は、印材が確かなものか注意が必要です。日本印章業組合等の正規の印章組合に加盟している店舗か、特定商取引法の表示や印材の産地の表示をきちんとされているか、メールのやり取りだけではなく電話等でも対応を行っているか、しっかり確認してください。銀行印も複製されてしまっては、自分の預金口座にお金がなくなったしまった…ということになりかねないので大事な印鑑です。

保管場所などをしっかりとするだけではなく、ついうっかり落として破損してしまったなんてこともないように気を付けましょう。

オシャレ印鑑
http://www.apicsregion10.org/
コントラストがキレイな牙次印鑑
http://www.basquehollywood.com/

このページの先頭へ